レクサスIS

レクサスIS 前期

2005年(H17)9月~

|グレード

  • IS250
  • IS250 バージョンS
  • IS250 バージョンL
  • IS250 バージョンI 2006年(H18)11月~
  • IS350
  • IS350 バージョンS
  • IS350 バージョンL
  • IS350 バージョンI 2006年(H18)11月~

当初は4ドアセダンのみとなり、日本では実質的な先代モデルとなる「トヨタ・アルテッツァ」よりも価格帯は大幅に上昇しターゲット顧客層も変わる。初代モデルに存在したステーションワゴンモデル(IS SportsCross/アルテッツァジータ)はラインアップから外れたほか、ハイブリッドモデルは日本国内外向けともにラインアップされない。

デザインはレクサス共通のデザインテーマである「L-finess」に基づき、そこに「流鏑馬」のイメージを取り入れて“走り”のイメージを強調した。より大柄なボディを持つ「GS」やトヨタ「クラウン(12代目S180系・13代目S200系)」などとプラットフォームを共有しており、ISではホイールベースの短縮(GS比-120mm)に伴って一部のサスペンションパーツをIS専用に新設計している。

日本国内においては、排気量3.5Lの「IS350」と同2.5Lの「IS250」の2グレードが設定される。それぞれにベーシックグレードとなる標準仕様車、スポーティな走りの「version S」、最上級仕様の「version L」の3仕様を設定。好みや使用目的に応じて幅広く選択可能で、IS250のみAWDモデルも選択できる(AWD仕様には「version S」は設定されない)。

「version S」は、専用チューンドサスペンションと18インチアルミホイール+前後異サイズタイヤやアルミフットペダルを装着して走りに重きをおいたモデルである。最上級仕様の「version L」でも「version S」に標準装備されている専用チューンドサスペンションと18インチアルミホイール+前後異サイズタイヤをメーカーオプションで装着することが可能となっているが、アルミフットペダルは「version S」専用品となるため装着されない。

セミアニリン本革シート&トリムや本木目パネル、電動リヤサンシェードを備えた「バージョンL」を用意する。

IS350に搭載される排気量3,456ccの(2GR-FSE)は318psを発生。これは同型のエンジンが搭載されている「GS350」やトヨタ「クラウンアスリート」の315psよりわずかに大きい数値となっており、これは排気系統の違い(車体全長やホイールベースがそれらより短いためにマフラーの全長が短くなっている)や、エンジンにIS専用のチューニングが施されたためである(後に登場するトヨタ「マークX(2代目 GRX130系)」ではパワー&トルクのスペックがIS350と同等となった)。

|2006年(H18)11月~

専用のシート、専用色の本木目パネル、本木目+本革シフトノブなどを採用し、室内の質感を高めるとともに、電動チルト&テレスコピックステアリングを標準装備した「バージョンI」を新設定。

|2008年(H20)2月~

特別仕様車「Elegant White Interior(エレガントホワイトインテリア)」を設定、IS250、IS350をベースに、最高級レザーのセミアニリン本革シート、本木目パネルなどを特別装備したほか、特別内装色ホワイト&グレーのコンビネーションとすることで、上質感・洗練感あふれる内装デザインとし、一段と魅力的な仕様としている。